モテルためのテストステロン

男性ホルモンのことをアンドロゲンとも言います。
アンドロゲンはいくつかの男性ホルモン作用をする物質の総称です。男性ホルモン作用をする代表的な物質として
・テストステロン
・ジヒドテストステロン
・デヒドロエピアンドロステロン
などがあり、これらをまとめて男性ホルモン(アンドロゲン)と呼びます。

その中でもテストステロンの効果は男性の人生を変えてしまうほどの力があります。

うるおい生活リンリン本舗

通称「モテフェロモン」

男らしいと言う言葉に対して、あなたはどのようなイメージを持たれるでしょうか。
「強い」や「大きい」などの単純な印象もそうですが、いわゆる「男」の特徴としてはそのほかにも 「ヒゲ」や「毛深い」とか 「ハゲ」や「乱暴」などといったのも、男性像の特徴と言えます。

ドラゴンボールの「孫悟空」もまさに男らしいキャラですし、一般的に「山賊」をイメージすると、まさに「乱暴」や「ハゲ」や「毛深い」などの男の特徴が現れている人をイメージできると思います。

これらの男らしさを引き起こしているのが、男性ホルモンの中でも「テストステロン」と呼ばれているホルモンです。テストステロンは筋肉を増やしたり、体毛を生やしたりするだけではなく、精神面に対しても大きく影響してきます。

「戦いは男の仕事」なんて言う名台詞などでもあるように、男は戦う生物という認識がありますが、これもテストステロンの影響です。テストステロンには攻撃性を高める効果がありますので、男は野蛮という女性の意見が出てきます。

攻撃性だけでなく、テストステロンには性欲をもコントロールしています。なので男は浮気する生き物だというのも自然なこととなるわけです。

テストステロンが多い男性は、女性からすると非常に魅力的です。
これはもう理論とかは抜きに、そういう風に身体の構造が出来ているといえます。

男は女に惹かれ、女は男に惹かれるのは ちょっとした例外を除いてはすでに遺伝子的に定められていることなので、より女らしい女に、より男らしい男に惹かれるのは当然のことになります。

なので、 男らしさを決めるテストステロンが多い男性は必然的にモテルことになります。

また、諸説ありますがテストステロンは女性が無意識に感じ取れる唯一のフェロモンと言われています。この説は研究者によって 「人間にはフェロモンを感じ取る器官はない!」というのもあれば、「鼻腔にフェロモンをかぎ分ける器官がある!」とか、まだまだ研究が必要な分野ではあります。

ですが男らしさを決めるテストステロンに女性が惹かれることは生物として当然のことなので、テストステロンは別名モテフェロモンとも呼ばれています。

モテル男とテストステロン

よほど外見に問題がない限りは、基本的にスポーツマンはもてます。

学生時代を振り返ってみても、運動神経の良い人や部活をがんばっている人はある程度もててましたよね。それは社会に出ても同じで、やはりスポーツ選手はもてますよね。
もちろんテレビの効果もありますが、鍛え上げられた身体のスポーツ選手と、磨き上げられた知識の学者とではどちらがモテルかと言ったら答えは聞くまでもありません。

スポーツをしている人は基本的にテストステロン値が高いです。
筋肉にもテストステロンが関係しますし、スポーツで人と競うという競争心もテストステロンが関係します。なので必然的にスポーツマンはモテル条件を備えています。

学生時代、ちょっとワルぶっていたりする子がモテてたりするのも同じです。
喧嘩ばかりしていて、どう考えても迷惑な存在であってもなぜかそれに憧れる女子が多くいたりして。
これもテストステロンです。

彼らの攻撃欲や競争欲はテストステロン値が高い影響がありますので、やはり女子にモテル条件が備わっています。逆にテストステロンが低くモテないタイプとしてネット上ではガリ勉タイプの人が例に挙げられています。

脳を使う行為はテストステロンの分泌を低下させるということらしいのですが、ボクはこれに対して非常に疑問に思っております。理由はどのサイトでも勉学とテストステロンの関係に対してのデーターを一切示していないし、この内容が書いてあるサイトはいくつもありますが、そのどれもがほぼ同じ文章を掲載しています。コピペです。

なのでいろいろなサイトで紹介されている内容ですが、出所は一つであり、その出所ですら科学的な証明をするデータを示していないので、ボクはこの説に対して大いに疑問を抱いています。

まぁしかし、例えばちびまるこちゃんにでてくる「まるおくん」を例に考えると。
まるおくんはメガネをかけた学級委員長で、見るからにガリ勉タイプ。彼がモテルとは当然いい難いですよね。こういったタイプの人のテストステロン値は低いと思います。

しかしそれは勉学をしたことによってテストステロン値が低下したのではなく、テストステロン値が上昇するようなことをする時間を勉学に使っているため、他の人よりもテストステロン値が低いのではないかと思います。
学生時代の時で言えばテストステロン値を上げる行動というのが部活動などの運動になります。

テストステロン値の高さは運動能力に大きく影響しますが、値が低い人でも、運動することによりテストステロンを分泌することができます。ガリ勉タイプの人は、こういった運動する時間を勉強時間に使っているため テストステロンが低い・・・ということが言えるかも知れません。

あくまで本能の話

テストステロンが女性の気を惹く作用があることは分かっていただけたかと思いますが、これはあくまで本能レベルの話です。実際の女性はご存知の通りこんな単純なことではなびきません。

特にテストステロン値が高い人は本能的には魅力的かもしれませんが、実際一緒に生活をする相手としては非常にリスクを伴います。
なぜかと言えば、最初にも挙げたようにテストステロン値が高いということは

・性欲が強い⇒浮気に繋がる
・攻撃的⇒家庭内暴力に繋がる

というだけでなく、ギャンブル好きだったりするのも特徴です。さらにテストステロンは精神が安定していると分泌量が低下します。逆に言えば、精神が不安定な人ほどテストステロン値が高いので、結婚相手としては不向きな部分が多いです。

まとめると

テストステロンがモテフェロモンなのは事実ですが、結婚相手としては非常にリスクが高い相手とされます。なので女性にとってテストステロン値が高い男性というのは、「非常に魅力的な遊び相手」という区分になりやすくなります。

結婚相手としては微妙だけど、遊びだったり彼氏としてならぜひ付き合いたい!

こういった感情を本能と理性で無意識に感じ取っています。結婚はイヤだけど付き合いたい・・・つまり軽い付き合いならしたい。これはまさしく結婚を意識していない男性にとっては非常に都合の良い相手です。これこそが「モテル=惚れる女が多い」に繋がります。

モテルための本能的条件であるテストステロン。
ぜひともこのホルモンを増やす生活を心がけてください。


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.