珍棒地蔵祭り

珍棒地蔵祭り

珍棒地蔵祭り(ちょんぼじぞうまつり)
日時:毎年8月の第四日曜日
場所:新潟県長岡市上樫出1973
神社:音子神社(おんごじんじゃ)

このサイトはペニスサイズアップ効果が期待されているシトルリンを実体験し、その結果を掲載しているサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗
皆様こんにちは。

新潟県のチンコ祭りで超有名なのは長岡市の来伝地区で行われている「ほだれ祭り」でございます。ほだれ祭りは海外からの注目も熱く、チンコ祭りの中では3本の指に入るのではないかと思われる知名度と華やかさでございます。

一方、世の中には開かれたチンコ祭りでけでなく、地元の人がメインとなるローカルなチンコ祭りも多数存在しております。
今回ご紹介するのは華やかなお祭ではなく、どちらかと言えばローカルな部類に入る「珍棒地蔵祭り」でございます。

長岡市

珍棒地蔵祭りの舞台となるのは新潟県は長岡市でございます。
長岡市

県内で2位の人口を誇る長岡市は、戊辰戦争と第2次世界大戦によって2度壊滅においやられた過去がございます。しかし長岡市民の不屈の精神が見事に街を再建し、今日に至っております。

いくら倒れても再び立ち上がるその姿はまるで不死鳥の如く。

それゆえに長岡市の紋章は「不死鳥」と長岡の「長」を合体させたものとなっていたり、長岡大花火大会では中越地震の復興祈願のための花火「フェニックス」が打ち上げられたり、国道404号には「フェニックス大橋」という橋が建設されたり・・・ なんだかとてもカッコよく、そして熱い!
不死鳥

その熱さとは裏腹に、長岡市は世界的に見てもとても珍しいほどの豪雪地帯でもございます。こうした部分が長岡市民の不屈の精神を常に育てているのかもしれません。

珍棒地蔵祭りの舞台となる音子神社が鎮座するのは長岡市の上樫出(かみかしいで)地区でございます。2006年までは栃尾市の上樫出でございましたが、栃尾市が長岡市に編入されたことにより、栃尾市は消滅いたしました。
長岡市は数々の編入合併を繰り返したこともあり、現在のような巨大な市となっております。

なので長岡市のゆるキャラは編入前の名残もあり、地区ごとに数々のキャラクターが存在しております。

その中でも珍棒地蔵祭りの舞台となる栃尾地域のゆるきゃらが「あぶらげんしん」でございます。
あぶらげんしん

あの超有名戦国武将「上杉謙信」と栃尾名物の「あぶらげ」の超絶コラボレーション!!
趣味は剣術だけど体型のせいで剣に手が届かないというおちゃめな子。

2012年ゆるキャラグランプリでは880キャラ中470位。
個人的にはとてもかわいいゆるキャラだと思いますので、もっと高い順位をとってもおかしくないんだけどなーなんて思ったりしています。

音子神社で行われる珍棒祭り

栃尾の奇祭と言えば、最初にも挙げました「ほだれ祭」が超有名でございます。そのせいか(?)あまり村人以外からの参加者が少ないお祭が珍棒地蔵祭りでございます

お祭は音子神社の境内で行われ、そのメインとなるのが音子神社の大掃除からの道祖神作りでございます。

お祭なのに掃除がメイン?

そうなんです。
一般的なお祭とは違い、音子神社の境内を掃除し、道祖神を作るこの一連の流れがお祭となっております。

境内の掃除は草刈などが行われますが、メインとなるのが「御手洗池」の泥上げでございます。

この日は池の水を抜き、溜まった泥をすくいあげ池の掃除をいたします。そして取り出された泥。これが珍棒地蔵祭りのキーアイテムとなります。

なんでもこのお祭は天保の時代(1830~1844)から継承されている歴史的な行事でして、池から取り出した泥を使って道祖神を制作し、安産や子孫繁栄、そして五穀豊穣を願うのだそうです。

しかし最近(?)では池の泥は使わずに、地蔵制作のための赤土を別途用意しているのだとか。そして作られる道祖神がこの祭りの名前ともなっている「珍棒地蔵」でございます。

珍棒・・・
名前からしてとても僕たちの心を掻き乱すエロティックな響きでございます。

わきあいあいと制作作業は続き、完成した珍棒地蔵がこちらでございます。
珍棒地蔵

なんと言うことでしょう。クリっとしたかわいらしい目に、凛々しい眉毛とお髭。そしてスラッと伸びた胴体から膨れた睾丸に、とてもとても立派で太い男根。これぞ芸術といったバランス感覚で作られる珍棒地蔵様。

この写真は正面からで分かり難いのですが、意外と竿の部分が長く作られています。
太く、そして長く。

この珍棒地蔵のできあがるのを楽しみに、地元の女性達は道路の向こう側で雑談をしながら男達の作業とできあがる男根を見守るのであります。きっとそこにはそれはそれは淫らで際限のない女だけの下ネタが交わされていることでしょう。

ちなみに珍棒地蔵は毎年制作するのですが、毎回一から作り直すのではなく、前回の地蔵を土台にしてリメイクしていくそうです。

とくに設計図があるわけではないようで、毎年顔や形が少しずつ変化していくそうなので、これもまたこのお祭の楽しいところのひとつかもしれませんね。

男根の部分は毎年大きくなっているのだとか・・・

以上が、珍棒地蔵祭りでございまいた。

珍棒=ちょんぼ

珍棒地蔵祭りは「ちょんぼじぞうまつり」と読みます。
うすうす気づいているかとは思いますが、「ちょんぼ」とは栃尾地域の方言で「男根」の意味でございます。一般的には「うっかりミス」のことを指したりしますが、栃尾地域に行った際はうっかり「ちょんぼ」と言ってしまうと、周りから怪しい目で見られるかも知れませんのでご注意下さい。

開催日

数年前までは8月26日に行っていたそうですが、最近では8月の第4日曜日に行われています。しかしローカルなお祭ですので、開催日は変更されるかもしれませんので参加の際は事前に確認をお願いいたします。

アクセス方法

JR「長岡駅」よりバス乗車し約1時間「栃尾車庫前」下車。更に乗り換えて約10分「上樫出」下車。その後徒歩約10分。


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.