てんてこ祭

てんてこ祭り

日時:毎年1月3日
場所:愛知県西尾市熱池町神田78

神社:熱池八幡社
場所:同上

このサイトはスイカから発見された成分「シトルリン」の血管拡張効果を利用したサプリメントで男性器のサイズアップが可能なのかを検証したサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗
みなさまこんにちは。

シトルリンの効果はいかがでございましょうか。
陰茎への影響だけでなく血管全体への拡張作用があり、健康サプリメンとの一面も併せ持っていますので、サイズアップ目的でなくても健康維持や病気予防のために積極的に摂取するのがお勧めでございます。

ではでは本日のサイズアップ祭り、参りましょう!

日本で毎年最初に行われる(?)奇祭

今回ご紹介するサイズアップ祭りは、愛知県は西尾市で行われている【てんてこ祭】でございます。

愛知県の奇祭と言えば圧倒的知名度の「田縣神社豊年祭」と「大縣神社豊年祭」です。

この二つのお祭りは対になっていまして、田縣神社豊年祭は言わば男祭り。大縣神社豊年祭は女祭りとなっています。

そんな二つの有名豊年祭を行っている愛知県では、この二つ以外にも奇祭が存在します。それが今回ご紹介するお祭り、「てんてこ祭」でございます。

てんてこ祭とは

てんてこ祭の由来は今から千年以上前の859年にさかのぼります。
天皇が即位し、神々にお米をお供えするお祭り(大嘗祭)が行われていました。このお祭りがやがて地元の人々に根付き、豊年祭と形を変えて毎年行われるようになりました。

お祭り名である「てんてこ」とは、お祭りで厄男が叩く太鼓の音が「てんてこ・てん」と聞こえることから来ています。
ボクは「チンコ」→「ティンコ」→「テンコ」かと勝手に思っていましたが、そんなはしたない由来ではございませんでした。

てんてこ祭りは愛知県西尾市に鎮座する「熱池八幡社」で毎年行われています。おそらく、日本で毎年最初に行われている奇祭はこのてんてんこ祭りなのではないでしょうか。

というのも、てんてこ祭は毎年1月3日に行われています。
1月3日ですよ。年明けて48時間経てば、もうてんてこ祭り。

運営している関係者の方々は、きっと年末年始お祭りの準備で大忙しなのでしょう。みんなが休みの時に、せっせと働く。 まさに成功者の鏡でございます。

愛知県西尾市

愛知県西尾市といえば・・・どうしても思い出してしまうのは2つの事件。

一つはボクが記憶している限り、いじめ問題が大きく報じられた最初の事件である「大河内清輝くんいじめ自殺事件」。

1994年に起きた中学生がいじめを苦に自殺という事件は、当時大きく報じられ子供のイジメ問題が大きく浮き彫りになりました。大河内清輝くんが残した遺書を最近初めて見たのですが・・・大河内君の家族への優しい思いが心に突き刺さる、非常に読んでいて痛くなるものでした。

もう一つは西尾市女子高生ストーカー殺人。
1999年に起こった当時17歳の鈴村泰史が、交際を断った16歳の女の子を殺した事件。
犯人の鈴村に関しては、2010年に出所し、その2年後・・・ 2012年8月21日に通りすがりの女性に因縁をつけ、刃物で脅して怪我をさせる傷害事件を起こしています。

さらに情報源がハッキリしませんが、鈴村の兄は大河内くんをいじめていた主犯の一人という情報もあります。

どちらも胸糞悪い事件であり、風化してはいけない事件ではありますが・・・

マイナス面にだけ焦点を当ててしまうと、西尾市に怒られてしまいます。
西尾市に行ったら絶対食べて欲しいのが「抹茶」でございます。西尾市と言ったら抹茶というくらいの存在なのが「西尾の抹茶」。

1600年頃から西尾で栽培され現在に続く非常に歴史が深い抹茶で、「深い緑」「上品な香り」「穏やかなうまみとコク」が特徴でございます。

なーんて言葉でいくら説明してもまったく味は伝わらないと思いますので、ぜひ一度西尾の抹茶をご賞味下さい。

市内には抹茶工場も点在していて、工場見学もできますし、できたての抹茶を購入することもできます。他にもお茶を楽しめるカフェ・御茶屋・和菓子屋も多数あります。

抹茶を飲むのは苦手・・・という方は抹茶を使用したお菓子がおすすめです。

晴月園
店名:晴月園
住所:西尾市上町横町屋敷35
クッキー生地の中に抹茶風味の白餡が入った「茶々丸」。外はサクっと中はしっとり。 美味しくないわけがない。

上田屋
店名:上田屋
住所:西尾市米津町里9
お餅の生地で抹茶プリンを包んだ和と洋の融合、「茶ぼーず」。美味しくないわけがない。

カテキン堂
店名:カテキン堂
住所:西尾市鶴ヶ崎町4-11
簡単に言えば抹茶味の大判焼き。抹茶を練りこんだ生地に「おぐら」「チョコ」「カスタード」「栗餡」の4種類から選べます。美味しくないわけがない。

西尾にきて抹茶を食べないなんて、電車で座っていて、向かい側に座っている女の子のパンツが明らかに見えているのに、周りの目を気にして見ないようにしてしまうくらい勿体無いことでございます。

さらに抹茶ともう一つお勧めなのが「うなぎ」でございます。
西尾市の「一色産うなぎ」は、抹茶と同じく名産品でございます。近年ではうなぎの漁獲に問題が出てきていますので、食べれるうちに食べたほうがいいかもしれませんね。
まんてんくん

ボクはウナギ好きではないので食べませんけど。

てんてこ祭

毎年新年早々行われるてんてこ祭とはいったいどんなお祭りなのか。

てんてこ祭は「熱池八幡社」で行われます。
熱池八幡社

てんてこ祭の主役は赤装束に身を包んだ6人の厄男でございます。6人が列を成して神社へ向かって練り歩くのですが、このうちの3人が、僕らの求めているアレです。
赤装束

赤装束の6人は太鼓で「てんてこ・てん」のリズムで歩いているのですが、このうち3人が腰に男根型の大根をぶら下げております。そしてリズムに合わせて腰をふるふる。もちろん腰の男根大根もぶ~らぶら。
なんと卑猥。

おそらく赤装束の中も腰の振りに合わせてぶ~らぶらなことでしょう。

境内に到着いたしますと、竹ほうきで藁を焼いた灰を勢いよく盛大に撒き散らします!

なんと迷惑な奴等でございましょうか。カツオ並みのいたずらっ子でございます。

しかもただ撒き散らすわけではございません。周りにいるか弱き一般市民に向かって撒き散らすのでございます。
これには波平さんもブチギレ。

と、思いきや。
なんでもこの藁の灰を被ると【魔除け】【病除け】の御利益があるんだとか。いたずらではなかったんですね。

そして参拝者には神殿にお供えをした酢飯が振舞われます。
こちらは夏バテやおこり(マラリアの一種、三日熱)が治ってしまうんだとか。すげぇ・・・
家で散らし寿司を作っても絶対治らないですからね、この病気は。さすがてんてこ祭りでございます。

さらに、厄男たちがブラブラさせていた男根大根を玄関に掲げると落雷対策になるんだとか。そもそも家に落雷なんて話はなかなか聞かない話なんですけどね。
むしろ男根を玄関に飾ってるとイジメられそうな気がしてなりませんけどね。
女の子がいる家では飾らないほうがいいような気がしてなりません。

以上がてんてこ祭となっております。

愛知県ではこのてんてこ祭を愛知県無形民族文化財に指定しております。

アクセス方法

名鉄西尾線「福地駅」から徒歩15分
名鉄西尾線「西尾駅」から名鉄バス一色線「熱池」下車後、徒歩8分


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.