雪中花水祝

雪中花水祝

雪中花水祝(せっちゅうはなみずいわい)
日時:毎年2月11日
場所:新潟県魚沼市堀之内3442-3

神社:藪上神社八幡宮
場所:同上

このサイトはペニスサイズアップ効果が期待されているシトルリンを実体験し、その結果を掲載しているサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗
みなさまこんにちは。

本日は新潟県の子宝・夫婦和合・安産祈願のお祭り「雪中花水祝」のご紹介です。

雪中花水祝

西暦1460年代から伝わるという超伝統的なお祭りです。
1874年には当時の国のお偉いさんに公序良俗を乱す卑猥な祭りだ!という烙印を押され国禁となりました。

それから115年後の1988年。

国禁となっていたお祭りは地元の熱烈な活動によって現代に甦ることとなりました。

国禁になるほどのお祭りとはどんなものか

雪中花水祝は八幡宮の関係者の方が結婚すると、その翌年の旧暦1月15日に行われます。

お祭りでは天鈿女命(アメノウズメ)と猿田彦命(サルタヒコ)に変装した人を中心に装束をまとった人たちがが男性器と女性器の模型を持って新婚さんの家を回っていきます。
アメノウズメ

彼らは花水と呼ばれる正月に汲んだ神聖なる水を持って新婚の家を訪れるのですが、新婚さんの家に着くとなんと花婿さんにその水をブッカケます。

時期は真冬です。場所は新潟です。

想像するだけでタマキンが縮こまってしまいます。

花水をかける理由

なぜこんな真冬に水をかけるなんて暴挙を行っているのか。

水をかけるということはつまり「火」を消すことを意味します。このお祭りでの「火」とは女性の生理のことを指しています。

水をかける→火が消える→生理が止まる

こういう図式になり、新婚さんで生理が止まるということは…

そうです、ストレス性の生理不順です。

嘘です。
妊娠でございます。

水をかけることにより、妊娠を祈願しているのでございます。

現在の雪中花水祝

上記のお祭りの内容は1874年まで行われていた内容で、1988年に復活した雪中花水祝は過去のお祭りを簡略した形で行われております。

再び国禁になるのを回避しようとした結果かもしれませんね。

開催日は毎年2月11日。
現在の雪中花水祝は大きく分けて2部構成となっていて、前半は天鈿女命(アメノウズメ)と猿田彦命(サルタヒコ)などに変装した行列と真っ赤でご立派な男性器を担いで街を練り歩くお神輿が行われます。
お神輿

そして後半。
こちらがメインといえるかもしれません「水祝いの儀」が行われます。

昔は新婚さんの家へ出向いて行っていたお水ぶっかけの儀式ですが、現在は会場となる八幡宮に雪でステージを設置し、そこで昨年結婚したお婿さんに神社の方々が勢いよく神水をぶっかけます。
水祝いの儀

このステージをよーく見てみると、ステージ中央にご立派な黒い男根が祭られております。

花婿さんはこの男根様の前で屈辱的な格好の四つんばいとなり、水をぶっかけられるのです。

はねるのトビら

2012年に放送を終了したフジテレビ系「はねるのトビら」。
この番組に出演していたインパルスの堤下敦さんが結婚し子供が生まれるということで、番組が雪中花水祭りに参加するということがございました。
水祝いの儀

裸の男性は堤下さんでございます。
極寒の中、2度も花水をぶっ掛けられ、2重に安産祈願ができました。

アクセス方法

JR上越線「越後堀之内駅」から徒歩5分

雪が多い地域なので車で行く場合は十分な装備をお忘れなく。

新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.