御塞神祭(おさいじんさい)

御塞神祭(おさいじんさい)

日時:旧暦1月15日
場所:山形県寒河江市平塩1-1

神社:平塩熊野神社
場所:同上

このサイトはスイカから発見された成分「シトルリン」の血管拡張効果を利用したサプリメントで男性器のサイズアップが可能なのかを検証したサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)

うるおい生活リンリン本舗

みなさまこんにちは。
本日のチンコサイズアップ祭りの現場は山形県は寒河江市でございます。

寒河江と書いて「さがえ」と読みます。
字からして非常に寒そうな場所でございますね。写真も雪がかなり積もってますし・・・

■山形県寒河江市とは

寒河江市は山形県の丁度真ん中に位置していて、さくらんぼの生産さが盛んな地域でございます。
山形県寒河江市

くまモンと同じくらいの人気を誇る寒河江市のマスコットキャラ「チェリン」は、その名前だけでなく姿までもがさくらんぼをイメージして作られています。左の頭にあるのは紅秀峰、右側が佐藤錦がくっついているという、素人の目からみるとさっぱり分からない頭の形状であり、首にはさくらんぼと並ぶ寒河江市名物「寒河江そば」のマフラーを愛用しております。
チェリン

夏も外さないんでしょうかね?

■日本一のさくらんぼの里

さくらんぼは桜の樹の中でも「桜桃」と呼ばれる品種の樹になる実のことを言います。お花見などでおなじみの観賞用の桜の樹でも実はできるのですが、大きく成長しないのでさくらんぼは採れません。

そんなさくらんぼは日本には元々存在せず、海外から持ち込まれたのが始まりでした。

イラン原産地のセイヨウミザクラという品種とトルコ原産地のスミミザクラという品種が持ち込まれまして、寒河江には後者のスミミザクラがやってきました。これが縁となり寒河江市はトルコ共和国のギレスン市というところと姉妹都市となりました。

このように日本のさくらんぼ界ではずば抜けた知名度を誇る寒河江市。
どうせ行くならさくらんぼ狩りができる時期である6~7月あたりがお勧めです。

その他にも通算で約150種類ものアイスクリームを販売し、常時14種類も取り揃えている「さくらんぼ会館」にもお勧めです。
さくらんぼ会館は「道の駅寒河江」内にある施設でございます。

「は?道の駅かよ」

そんな声が聞こえてきそうでありますが、道の駅寒河江をなめてはいけません。
道の駅寒河江はそんじょそこらの道の駅とは一味も二味も・・・いえ、一周りも二周りも規模が違います。

その規模たるや「東北地方ナンバー1」でございます。

さくらんぼの歴史や手作りアイス販売の「さくらんぼ会館」
観光物産センター、レストランの「チェリーランドさがえ」
姉妹都市トルコの文化を伝える「トルコ館」
本格茶屋の「臨川亭」
5000人収容の野外ステージ「イベント広場」
チェリーランドのシンボルタワー「チェリードーム」

ここまでは序の口です。
さらにテニスコート、ゲートボール場、野球・サッカー場、グラウンドゴルフ場、バーベキュー広場。
そして世界12カ国のさくらんぼを楽しめる「国際チェリーパーク」に、全長1.5キロの「二の堰親水公園」。

ここへ行けば一日中遊べてしまう。そんな素晴らしい道の駅なのであります。

■御塞神祭

さてここからがいよいよ本題でございます。
さくらんぼの町寒河江市の平塩地区に「平塩熊野神社」がございます。
平塩熊野神社

西暦721年からの歴史がある非常に古い神社でございます。非常に歴史深いこの神社では毎年旧暦の1月15日にあたる日に平塩地区の除災招福のための行事が行われています。それが「御塞神祭」でございます。

御塞神祭は早朝の木を切りに行くところから始まります。
この地域は非常に積雪が多い地域でございまして、その量がどのくらいすごいかといいますと、寒河江市のすぐ近くにある西村山郡にある月山スキー場。このスキー場は夏にスキーができるという日本では数少ないスキー場でございます。

なぜ月山スキー場は夏にスキー営業をするのか。

それは冬季は月山スキー場への道が積雪量が多すぎて通行止めになってしまうからなのです。つまり寒河江市もそれと同等の積雪があります。

そんな雪が積もる中、早朝に山へと繰り出し木をゲットするという重労働を致します。頑張って伐採してきた松の木。この木を使って皆様お待ちかねのアレを作ります。
木

ノコギリ・ナタ・小刀などで一つ一つ手作りで男根型のご神体を作成していきます。
御塞神祭ではこの男根型ご神体がキーアイテムとなります。
木

そして完成したご神体。
男根完成

これで御塞神祭の準備は整いました。

やがて日が暮れ、平塩熊野神社の本殿にてこのご神体に魂が注入する儀式が執り行われます。
魂の篭った男根たちは女性を模った「御塞神」へ奉納されます。
一人の女神へ何本ものチンコをささげる感じでございましょうか。なんとも淫らな儀式でございます。

そしていよいよ祭りは佳境であり、最大の盛り上がりポイントに達します。

さきほど御塞神に奉納した数々の男根をお客さんに向かって放り投げます。
男根投げ

放り投げられた男根をゲットできた人には福が訪れるという伝説があり、人々は我先にとチンコを奪いあいます。すさまじい光景でございます。
男根争奪戦

傍から見ると大人の男たちが抱き合っているようにしか見えません。

しかも男根を奪い合いながら。

いやぁー、すばらしい。 これこそ熱いチンコ祭りでございます。
ぜひあなたもチンコ争奪戦に参加してみてはいかがでしょうか。

毎年旧暦の1月15日でございます。
旧暦なので、現在の暦だと毎年若干日にちがずれますのでご注意下さい。

アクセス方法

JR左沢線「寒河江駅」から車で15分


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.