かなまら祭 2015

かなまら祭 2015

日時:2015年4月5日
場所:神奈川県川崎市川崎区大師駅前2丁目13-16
神社:金山神社

当サイトはスイカから発見された成分「シトルリン」の血管拡張効果を利用したサプリメントで男性器のサイズアップが可能なのかを検証したサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗

2015年かなまら祭レポート

2015年4月5日に川崎市の金山神社で行われた「かなまら祭」に参加して参りました。

かなまら祭りは商売繁盛・子孫繁栄・安産・縁結びなどを祈願して毎年4月の第1日曜日に行われてる奇祭でございます。2015年のかなまら祭りは朝から雨の中開催されました。

10時30分ごろ川崎大師駅近くに到着しました。車で行くので本当は9時ごろに到着したかったのですが、なんやかんや出発時間が遅れてこんな時間に。空いている駐車場があるのか心配でしたが、駅から徒歩5分くらいの場所でちょうどよく1台出て行く車があり難なく駐車場を確保できました。

金山神社へ向かうとすでに境内の外までお祭り参加者の列ができていました。結構な人の数だったので境内に入るのにも時間が掛かるかと思いましたが、予想外にすいすいと列は進んでいき、すぐに鳥居をくぐることができました。

鳥居をくぐると道の左右には屋台が並んでいて、焼きそばなどの屋台料理をはじめ、かなまら祭りだけのオリジナルグッズもたくさん売っていました。

写真はかなまら祭りオリジナルのここでしか手に入らない超レアグッズ「かなまら祭タオル」でございます。

イケてるメンズにはマストなアイテムなのでございます。
かなまら祭タオル

しかーし!
屋台へ寄るのは人の多さと傘のせいで困難を極めます。なのでここはひとまず列の流れに身を任せ、流れるがまま先へ進んでいきます。

境内の中央付近へ辿りつくと、そこには人だかりができているではありませんか。

きっとそこには何かあるに違いない!
そう思いながら少しずつ前へ前へ足を進めていくと・・・なんとっ!
エリザベス神輿

その身を桃色に染め上げ、天を刺すその力強きさま。これぞ「エリザベス神輿」でございます。

この神輿は、創業1978年の女装メイクルーム&サロン「エリザベス」から寄贈された、日本一女らしい男根なので、かなまら祭の3大神輿の中でもっとも注目度が高い御神輿でございます。

なんと初っ端からエリザベスとのご対面なのであります。雨によっていやらしく濡れた男根に見惚れていると、エリザベスの右奥にも神輿があることに気がつきました。

奥の方で静かに、それでいて頑とした圧倒的存在感と歴史をかもし出している御神輿、「かなまら大神輿」でございます。
かなまら大神輿

「大神輿」という名ながらも、3基の神輿の中では一番コンパクトな設計でございますが、3基の神輿の中でももっとも古く、さらに神輿の正面に回ると男根の前に小さな鳥居と小さな男根が設けられています。

エリザベス・大神輿と2基がこの場に設置してあるということは・・・最後の1基の「かなまら舟神輿」もこの場にあるはず!

そう思いながら2、3歩場所を横へ移動すると、エリザベスの影になって見えなかった神輿が見えてきたのでございます。
かなまら舟神輿

この黒光りするツヤツヤテカテカの男根こそが「かなまら舟神輿」でございます。
この神輿は日立造船から寄贈さえた御神輿。 金山神社は鉱山や鍛冶の神様である「金山比古神」と「金山比売神」を祀っていることから、金属に関わる企業である日立造船が献納しているようでございます。

時刻は11時となり「御霊入れ式」が開始されます。
御霊入れ式(みたまいれしき)は、御神輿に御霊を入れる崇高な儀式で、1基ずつ行われていきます。
御霊入れ式

ボクがいた位置からはこの崇高な儀式はあまり見えませんでした。

雨も降っていて人の傘から垂れてくる雨水がボクの頭にポタポタポタポタと・・・寒かったです。

15分ほどで御霊入れ式は終わり、しばらくの間御神輿へ近づくことができるようになりました。ここでようやくマジマジと3基の御神輿を拝見することができました。

「エリザベス神輿」
エリザベス神輿

エリザベス神輿

フリフリのレースがあしらわれたセクシーな出で立ち。御神輿が置いてある台座もなかなか卑猥な絵が描きこまれています。

「かなまら大神輿」
かなまら大神輿

かなまら大神輿

木製の男根を乗せた屋根付き神輿。
正面にはミニチュアの鳥居と男根がございます。

「かなまら舟神輿」
かなまら舟神輿

かなまら舟神輿

かなまら舟神輿

鉄製の黒男根。男根ばかりでなく、しっかりとぷっくりした金玉ならぬ黒玉が黒光りしているのが印象的。
日立造船の寄贈によるものだからなのか、男根の台座は舟でございます。

一通り神輿の写真を撮っていると「12時から御神輿が出発」とのこと。
まだ時間があるので屋台を見に行くことにしました。

境内の屋台はどこもかしこも大勢の人がごった返していて、朝の通勤ラッシュの電車内のような状態でございました。写真に収める事ができたのは手ぬぐいとお酒。
手ぬぐいとお酒

手ぬぐいとお酒

あまりの混雑ぶりに全てのお店を回ることはできませんでしたし、傘を差している人が多いこともあって、なかなかの大混乱っぷりでございました。

「金玉(きんぎょく)」と「万古(ばんこ)」は、日本酒だけでなくワインもありました。お店の人曰く、「美味しい」らしいです。

これ以外にも卑猥な飴や、卑猥なボールペン、卑猥な鼻眼鏡、卑猥なキーホルダー、卑猥なキャンドルなどなどなどなどなど・・・挙げていけば切がないほど卑猥なものの目白押しでございました。

とりあえずボクは一番メジャーっぽい飴「さずかりセット」をなんとか手に入れて屋台を離れました。

さずかりセットを手に入れたボク。
12時までにはまだ時間があったので境内を回ってみることに。

「絵馬殿」
たくさんの絵馬が括られた絵馬殿には、男根型金床が。
絵馬殿

絵馬殿

雨で濡れてしまっているのか、それともこれをまたいだ女性が濡らしたのか。

「社殿前」
社殿前には舟神輿にあったような黒光りした男根と金床が。
社殿前

こちらは玉なしでございます。男根もさることながら、右側の女性の太ももに目がいってしまうのは男の性なのでございます。

「男根跨ぎ」
2本の木製の男根。尿道口も見事に再現された巨大男根。
男根跨ぎ

男根跨ぎ

人々はこの男根に吸い寄せられるようにここへ集まり、そしてライドオン!!

そんなこんなしていると時刻は12時に。
御神輿出発時刻となり、境内はより一層ごちゃごちゃいたしてまいりました。するとお祭りスタッフの方が「ここにいても御神輿は見れないよー。道路の方にいったほうがいいよー」と。

その言葉に従い、境内を出てほぼ歩行者天国(バスのみ通行可能)になっている道路へと行きました。

御神輿が発信した掛け声が境内のほうから聞こえ、いつくるのかウキウキしながらカメラを構えます。

・・・ しかし待てど待てど御神輿をやってきません。

しまった! こっちへはこないんだ!!

慌てて御神輿が通ったであろう道を辿っていきます。もちろん気持ちは慌てていますが、走ることはいたしません。大人は走らないのでございます。よっぽどやばいとき以外は走ってはいけないのでございます。

内心慌てていてもそれを顔に出すことなく、ただただ歩くのでございます。
なぜならそれが大人だから。

そして大人歩きをするボクはついに神輿を発見したのでございます!!
舟神輿とエリザベス

舟神輿とエリザベスを発見できましたが、あまりの人の多さに近づくことも、追うことも叶いませんでした。

御神輿の経路がわかれば先回りしてそこでシャッターチャンスを待つこともできますが、残念ながらそんな情報もなく・・・途方に暮れながらも「まぁ御神輿の写真は撮れてるし、いっかー」などと思いながら駐車場へと足を進めました。

すると・・・
なんと駐車場へと続く川崎大師駅の前の通りを御神輿が練り歩いているではございませんか!これはラッキー。

この通りは人も多いですが道も広いので御神輿に近づくことも簡単でございました。御神輿を見るにはお勧めスポットかもしれません。

舟神輿と大神輿は選ばれし屈強かつイケメンな男性達を中心に担がれます。
イケメン

イケメン

一方、エリザベス神輿は男性が担ぐことはなく、男を知り尽くした美女達だけが担ぐことを許されます。
美女達

美女達

美女達

彼女達は女装メイクルーム&サロン「エリザベス」の関係者なんだとか。 どうりでお美しいわけでございます。

練り歩きは3基の御神輿だけでなく、神官さん・天狗さん、そして巫女さんもいらっしゃいました。

特に巫女さんは、大人の女性だけでなく、小学生もしくは中学生かと思われるお嬢さんも参加していらっしゃいました。

かなまら祭というチンコ祭りに女子小学生が関わっているなんて・・・なんとすばらしきことなのでございましょう。
巫女さん

巫女さん

ボクは背の高い方の白い巫女さんが好きです。少し日焼けしているこの感じがとてもとても素敵でございます。

かなまら祭りはこの練り歩きの後もまだまだイベントは続きます。
金山神社の会場では「フラダンスの準備を~」とかアナウンスがされておりました。

ボクはというと、目的の御神輿が見れたことと、雨に濡れて寒くなってきたことと、単純に疲れちゃったので、帰ることにいたしました。

お土産は通勤ラッシュの混雑の中なんとか手に入れた「さずかりセット」700円。
さずかりセット

大チンコ・小チンコ・マンコの3セットでございます。

そういえば、この飴を買った屋台には小学生か中学生くらいの女の子がお手伝いをしておりました。彼女はこの飴をどう思って販売しているのかと考えると・・・股間が熱くなりますね!

外国の方の参加が多いとは聞いておりましたが、まさかこれほど外人だらけだとは思いませんでした。

そして、かなまら祭りおなじみのキノコTシャツにチンコマスクのチンコマンもいらっしゃいました。
チンコマン

来年は晴れるといいなぁ。

以上、かなまら祭り2015でございました。

あ、そうだ・・・ 境内の地面は土の部分が多々あります。なので雨が降っているときは汚れていい靴で行くのがおすすめでございます。おかげさまでボクの靴は泥まみれでございました。

アクセス方法

京急大師線川崎大師駅から徒歩5分ほど。


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.