へいさんぼう2016

へいさんぼう2016

日時:2016年5月5日
場所:茨城県かすみがうら市牛渡4190(牛渡鹿島神社境内)

当サイトはスイカから発見された成分「シトルリン」の血管拡張効果を利用したサプリメントで男性器のサイズアップが可能なのかを検証したサイトでございます。
うるおい生活リンリン本舗

2016年5月5日。茨城県かすみがうら市に鎮座する牛渡鹿島神社では毎年こどもの日に行われる五穀豊穣を願うお祭、「へいさんぼう(平三坊)」が行われました。
前日の関東は強風と雨に見舞われ、お祭が行われる5月5日はいったいどうなってしまうのか心配しておりましたが、当日は気持ちいい晴天に恵まれ、春の陽気というよりも初夏に近いほどの気候でございました。

それではへいさんぼう2016をレポートしていきたいと思います。

へいさんぼうのタイムスケジュール

茨城県の花火大会やお祭のスケジュールを掲載しているサイトによると、へいさんぼうは14時から行われるということでしたが、実際に神事が始まったのは15時15分でございました。

15:15 神主と早乙女らによる神事
15:25 馬による神事
15:30 へいさんぼう・おかめによる神事
15:35 神主・早乙女らによる神事
15:40 終了

実は去年のへいさんぼうに参加をしたのですが、到着した時間が15時50分ころで、そのときは既に神事が全て終わっていて、一般のお祭参加者たちも家へ帰っている最中でした。結局去年見れたのは、馬が残していった馬糞のみという悔しい結果に終わり、今年こそは絶対に遅刻しないぞと息巻き、13時40分頃に到着いたしました。

牛渡鹿嶋神社周辺マップ

牛渡鹿嶋神社は民家と畑に囲まれた静かな田舎の景色が広がる場所にあり、神社周辺にはコンビニやパーキングなどは見当たりません。ですがボクも含めて車で来る人が多く、車は神社の目の前の道に路駐するのがへいさんぼうの粋な参加の仕方のようです。
路駐通りから青矢印の道へ入ることで鹿嶋神社に到着します。
 鹿嶋神社周辺マップ

こんな感じでみなさん整列して路上駐車いたしております。ボクもこれに習い、最後尾に着けさせていただきました。
路上駐車

誰が指示するわけでもなく、皆さん左側に揃えて駐車するところをみると、なんて民度の高い人たちなのだろうと関心させられます。

牛渡鹿嶋神社マップ

鹿嶋神社への入り口は何箇所かあり、各方向から境内へ入ることができますが、鳥居の位置を考えると、路駐した道路からから伸びる道から入るのが一番よさそうです。
鹿嶋神社全体マップ

へいさんぼう

14時から始まるという情報を下に13時40分ころ鹿嶋神社に到着いたしました。車を停め、舗装されていない道を入ってくと、鹿嶋神社に到着いたしました。
鹿嶋神社への道

木々が生い茂った場所の中に突然現れる鳥居、そして社殿へと続く参道にはやきそば、カキ氷、杏子飴、くじ、大判焼きといった屋台が5軒ほど並んでいます。
鳥居

鳥居看板

参道

ご覧の通り人は決して多いとは言えず、田舎のお祭はこんなものかな?なんて思いながら社殿の方へ進んでいくと、社殿右側の方に人が集まっておりました。
そこでは弓道の大会(?)が行われていて、20~30人くらいの方が見物していました。
弓道大会

弓道大会は例年ここで行われているようです。三重県で行われているチンコの祭典「牛蒡祭」でも、退魔のための「弓神事」が行われていますので、もしかしたらこの弓道大会もそういった意味があるのかもしれません。神事には見えませんでしたけど。

こうしているうちにへいさんぼう開始予定時刻の14時を回りましたが、一向に始まる気配がございませんでしたので、境内を散策することにしました。

まずはメインとなる鹿嶋神社社殿。「市内繁栄・交通安全」と書かれた幕がしてあるところを見ると、子孫繁栄や五穀豊穣がメインの神社ということではないようです。
鹿嶋神社拝殿

鹿嶋神社拝殿

鹿嶋神社拝殿

社殿の後方には本殿が併設されていましたが、こちらはかなり古い印象を受けます。
鹿嶋神社本殿

壁板には隙間もありますし、大きな地震がきたら危なそう。
本殿下部。なんだかよく分からないですけど、ちょっと怖い。主に虫とか、倒壊とか。
鹿嶋神社本殿下部

社殿の方も良く見ると結構年季が入っていて、板で修繕したような箇所や、屋根板がずれている箇所がちょこちょこ見受けられました。
少ない予算で頑張っているのでしょうね。

さて。
鹿嶋神社の境内には社殿と本殿以外、これといった見所がございません。もうこの時点で暇をもてあましてしまいました。
少しずつではありましたが、子供たちや保護者の方、ご老人の方々が集まり始め、境内は結構賑やかになり始めました。小学生たちが元気に走り回っていたり、親におねだりしていたりする姿をボケーっと怪しい目つきで眺めながら時間を潰すこと1時間。

時刻は15時になり、鳥居には馬が到着いたしました。
馬

馬

この馬はいったいどこから連れて来たのでしょうか。

馬の準備が進む中、馬と並んでへいさんぼうを盛り立てる「おかめさん」の準備も着々と進められておりました。
おかめ2人

お気づきになりましたでしょうか。
おかめさんのそばに置いてある茶色い西武の紙袋。よーくみてみると紙袋の中には・・・
男根

デターッ!!
独特のいやらしくくびれたこのフォルムは、まさしく男根なのであります。時刻は15時を回っていますが、いよいよこれからへいさぼうが開始されるのでございますね。

一方その頃社殿では、こちらも負けず劣らず祭り準備が着々と行われています。へいさんぼうでは
田植えの日に苗を植える女性を意味する「早乙女」を2名、地元の幼稚園児~小学校低学年の女の子から選抜し、神事に参加してもらいます。

早乙女役の子は赤い衣装に身を包むのですが、なんと彼女達の着替えが社殿上で行われたのでございます!幼女の生着替えともなれば、その道を進む殿方にとっては血を吐くほど目に焼き付けたい情景であることでしょう。さすがに着替えシーンを撮影することは、周りの目や児童ポルノに引っかかる恐れがないこともないので断念いたしましたが、着替えの終盤の写真はございました。

わかりますでしょうか。写真中央奥。赤い着物を母親に着付けてもらっている少女が2人。
ほぼ着替え終わりの早乙女

もう完全に着替え終了なのであります。
ちなみに手前に移っている少年少女たちは、屋台のくじ屋であたった銃を取り出している最中です。他にもくじ屋で商品をゲットしている子がたくさんいたのですが、その多くがエアガン。かすみがうら市で生き抜くためには、幼少期から銃を手にしていなくてはならないのでしょう。

時刻は15時15分。
社殿ではいよいよ神主や早乙女らによる神事が開始されました。
第一神事

早乙女ちゃん

神事なので厳粛に行われるのかと思いきや、子供たちは賑やかに遊んでいるし、社殿上では着付け役の母親たちがそのまま居座っていたりと、なんだかとてもアットホームな感じで進められていきます。

5分程度の神事を済ますと、次に登場するのはお馬さんです。
神主さんに御払いをされ、この瞬間、ただの馬だったのが神の力を宿した神馬となり、ナリタブライアンやディープインパクトをも凌駕する力を得ます。そう、その姿はペガサスのように。
ペガサス

そしてペガサスは社殿の周りを全速力で3周走り回るのであります!
ペガサス幻想

ペガサスのように

はーばーたーけー

もう写真もブレブレ。疾走感が伝わってくれるといいです。
この神事は、田植えの前の水田に水を入れて土を砕く「代掻き」という作業を表現しているそうですが、よくわかりません。

ペガサスが神事を追え、ただの馬に戻って社殿を去ると、このお祭の名前ともなっている「へいさんぼう」が登場いたします。
へいさんぼうは籠を背負い、手には昔ながらの農耕具(馬鍬かな?)を持ち登場いたします。
へいさんぼう

へいさんぼうさんもペガサスのように社殿を3周回りますが、2週目に入ると農耕具を籠へしまい、鎖鎌のような形状の木製男根を装備し、それを観客に投げつけながら回ります。
へいさんぼう男根装備Ver.

先ほどの馬はペガサスだったので、へいさんぼうさんはアンドロメダといったところでしょうか。

そして3周目のラストラップになるとへいさんぼうさんの顔には仮面が!
へいさんぼう虚化Ver.

これはまさしくオサレな仮面をかぶる事で強大な力を得る「虚化」でございます。虚化できる時間は社殿1周フラットというオサレな時間。その時間を使ってへいさんぼうさんは子供の鞘と自分の鞘をこすり合わせたのでございます。
オサレバトル

写真では分かりにくいですが、彼等は間違いなく自分の分身である斬魄刀を交し合うというオサレ勝負をしているのでございます。

オサレな男には必ずオサレなヒロインがつきもの。
「おーい、おーい」という声と共にへいさんぼうさんに手招きをする2人のヒロインが登場。
おかめ

2人の美女を見るやいなや、へいさんぼうさんの残月はついに本気を出し卍解状態へ。
卍解は始解の5~10倍の力というオサレ設定の如く、へいさんぼうさんの残月は巨大になります。この強大な力は、見物客の少女を内股にさせてしまうほどのものなのであります。
へいさんぼう卍解Ver.

そしてへいさんぼうさんの天鎖斬月は、おかめさんの体内をえぐるのでございます。
情事

対面立位

さらに後ろからも攻め立てます。なんとも気持ちのよさそうな顔。
後背位

こうしてへいさんぼうさんは2人のヒロインをとっかえひっかえしていましたが、皆さんは天鎖斬月の能力を覚えていますでしょうか。天鎖斬月の能力は速力を極端に上げるだけというオサレな斬魄刀でございます。早いだけなんです。

なので一気に2人と戦ったへいさんぼうさんは、残念ながら戦闘続行不能に。
萎え

へいさんぼうさんとおかめさんが去った社殿前では、最後の神事が行われます。
締めの神事は、神主さんが早乙女の手を取り、10メートルほどの道を往復するというリハビリ運動的な動作で、これは田植えを表現しているのだとか。全然見えませんけど。
最終神事

最終神事

最終神事

この最後の神事も厳かに行われることはなく、ガヤガヤした中、終止穏やかな雰囲気で行われ、へいさんぼう2016は終了となりました。

感想・あとがき

開始時刻14時とあったのですが、正しくは15時だったのだと思います。今年だけ15時になったというわけではなく、2013年も15時だったというブログがあり、きっと毎年15時開始なのでしょう。
そしてお祭自体は約30分で完結する短い内容でした。

しかしその短い時間の中に、幼女あり、馬あり、卍解あり、前から後ろからという濃密な内容で、神主が無駄に長く呪文を唱えることもないので、普通に楽しいお祭でございました。開始時間さえ間違わなければ。

15時ちょっと前に行くのがおすすめでございます。

それにしても早乙女のお二人、かわいかったですねー。
早乙女記念撮影

彼女達も含め、この場にいた少年少女はへいさんぼうさんの卍解を何だと思ってみているのかとても気になります。

帰りは近くにある道の駅「たまつくり」へよりました。
たまつくり駅からの霞ヶ浦

霞ヶ浦をアヒルボートで遊覧できたり、広い公園や、子供が遊べるアトラクションなどもあり、一日中楽しめる場所です。
ボクのお目当ては、このたまつくり駅でのみ食べることが許されるご当地バーガー「なめパックン」。実は去年もへいさんぼう帰りに寄ったのですが、なめパックン他、全てのバーガーが売り切れていて食べることができませんでした。なので今年こそ食べるぞ!と意気込んでいたのですが、残念ながら今年も全部売り切れ。

食券機に売り切れと書いてあるのですが、よーく見てみるとパックンシリーズの販売時間が「16時まで」となっていました。道の駅に着く前に既に販売時間が終わっていたようです。

ということで、へいさんぼうついでになめパックンを食べる場合は、へいさんぼう後ではなく、へいさぼう前に購入することを強くおすすめいたします。
こいのぼり

パックンシリーズ。また次の機会に・・・

アクセス方法

京浜急行「新逗子駅」から長井方面行きバス「市民病院行」「長井行」他へ乗車し25分、「浄楽寺」バス停下車後徒歩約15分


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.