へいさんぼう

へいさんぼう

日時:毎年5月5日
場所:茨城県かすみがうら市牛渡4190

神社:牛渡鹿嶋神社(うしわたかしまじんじゃ)
住所:同上

へいさんぼう2016レポートはコチラ

このサイトはスイカから発見された成分「シトルリン」の血管拡張効果を利用したサプリメントで男性器のサイズアップが可能なのかを検証したサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗

もしこの世に 美しい女性や幼い少女2人を巻き込むチンコ祭が毎年行われているとしたら・・・

皆様こんにちは。

本日は茨城県のかすみがうら市で行われているお祭、「へいさんぼう」のご紹介です。
へいさんぼうの醍醐味は性の儀式です。

人の性を露骨に表現したお祭ですが、そんなお祭に2人の小学生が「早乙女」として参加いたします。なだかとてもワクワクしてくるお祭ですね。

■かすみがうら市

かすみがうら市は2005年に合併により誕生した市です。
かすみがうら市

なんでも「かすみがうら」という市の名前は日本の全ての市の中でも一番長い表記だそうです。
同じ文字数で同県の「つくばみらい市」と鹿児島県の「いちき串木野市」があります。

かすみがうら市の名前の由来となっているのはもちろん「霞ヶ浦」でございます。
日本で1番大きい湖は滋賀県の琵琶湖でございますが、2番目に大きいのがここ茨城県の「霞ヶ浦」で、帆引き船の発祥の地でもございます。元々は漁のために使用されていた船ですが、現在は観光船として活躍しております。
帆引き船

※帆引き船に乗れるわけではなく、観光のために動かしている帆引き船を随伴船から見学・撮影できるものです。

風の力だけでダイナミックに進む帆引き船。できれば乗ってみたいものですね。

■へいさんぼう

かすみがうら市の牛渡(うしわた)に鹿島神社がございます。

ここで毎年5月5日に「へいさんぼう」と呼ばれるお祭が行われております。
へいさんぼうは五穀豊穣を願うお田植え祭でございます。この奇妙な名前はこのお祭の主役となるお爺さんが平三坊というお名前だったことからへいさんぼうになったそうです。

別説ではお爺さんの名が平左で、その女房が登場するので「平左、女房」からへいさんぼうとなったという説もあります。
まぁどちらでもいいですね。

■お祭の流れ

毎年5月5日、鹿島神社でへいさんぼう祭が開始します。

まずはこの可愛らしい2人の少女にご注目下さい。
早乙女

この二人はへいさんぼうのために選ばれ、早乙女役を勤める少女達でございます。
早乙女とは田植えの日に苗を植える女性のことを意味します。早熟な乙女のことではございません。

幼稚園児~小学校低学年の女の子から選出され、なんと3年の任期があるそうです。御社内で早乙女ちゃん達と真面目な神事が行われます。

そしてここからがお祭の本番。

一頭の馬が連れてこられ、拝殿前でお払いを受けます。
そして拝殿前を3周走り回ります。
馬

引っ張る人も一緒に走るので皆大変。
これは田植えの前に水田に水を入れて土を砕く「代掻き」という作業を表現しているのだそうです。

代掻きが終わると真打が登場いたします。
竹かごを背負い、顔に墨を塗ったお爺さん。この方が平三坊さんでございます。
へいさんぼう

お爺さん役なんですけど、実際にお歳を召した方のご様子。

平三坊さんも馬と同じくお社を周ります。
平三坊さんは縄に巻き付けられた棒を(安全に)振り回しながら御社を回るのですが・・・

お気づきになりましたでしょうか?

平三坊さんが振り回している棒にご注目下さい。
男根始解

きました! 木製の男根でございます!
平三坊さんは男根を振り回しているのでございます。

しかし平三坊さんの力はこんなものではございません。
この男根は平三坊さんにとってはまだ半勃起状態なのであります。平三坊さんが本気を出すと・・・ ドーン!
男根卍解

脱皮して成長したかのごとく、色は若々しくなり、太さは3~4倍ほどに成長いたします!うらやましい!
男子力をビンビンに発揮する平三坊に向かって遠くのほうから「おーい、おーい」と悩ましい声が聞こえてきます。 その声は2人の女房。
おかめ

早乙女役の少女ではないのが悔しい。

フル覚醒した平三坊さんと女が出会ったら何が起こるのか。答えはいたってシンプルでございます。
そこには生命の根源がございます。
立位でハメ始めます。
対面立位

へいさんぼうにはこの光景を見に来た!と言っても過言ではございません。
これこそがへいさんぼうの極意なのであります。

なんでも、ハメることによって子供が宿るということと、稲穂が豊かに実ることをかけているのだとか。
結局、人も稲も・・・いえ、生物はみな同じ行為を行っているということなのでしょうね。

二人の女房をハメ倒した平三坊さん。
その欲望は収まることをしりません。

近くに妊婦がいればそちらへ突撃!
近くで幼い女の子が興味津々に見ているのが、色々おいしいですね。
妊婦へ突撃

もちろん妊婦でなくても欲望が向かいます。子宝の御利益があるんだとか。
美人へ突撃

へいさんぼうの大興奮ポイントでございますね。
この日だからこそ許される、皆が幸せになれる一日でございます。

そしてお祭は締めに向かいます。

早乙女ちゃんが境内の中央まで歩いていきます。これが田植えを意味する神儀だそうです。
終劇

これにてへいさんぼうは終わりとなります。

幼女に始まり、男根が出てきて、幼女で終わる。
なんと素晴らしいお祭なのでありましょうか。

日本男児なら誰もが参加したいこのお祭。
毎年5月5日でございます。 国民の祝日でございますし、ゴールデンウィークでもあります。
ぜひ一度、茨城県かすみがうら市のへいさんぼうへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

アクセス方法

JR常磐線「神立駅」下車 車で30分

確認できているだけでもかすみがうら市には鹿島神社が16箇所あります。
お祭に参加するときには間違えないように注意が必要ですね。

新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.