布佐台観音堂

観音堂 石神堂

場所:千葉県我孫子市布佐1002

生きているといろいろな壁にぶち当たります。
そんな壁にぶつかってしまった時に頼ることのできる家族や仲間が要れば、きっとどんな困難でも越えていけることでありましょう。

でも世の中には・・・家族にも、仲間にも言えない・・・そんな壁が存在します。
その一つがチンコのサイズ。

誰も頼ることができず自分ひとりで立ち向かわなくてはならないのがチンコの悩み。
だけれども・・・一人でこの困難に立ち向かうのには、人はあまりに無力でございます。
そこで僕たちの力になってくれるのが神社なのであります。

「あまり人が近寄らない神社でサイズアップ祈願ができる場所」

そんな願いを叶えるコーナーが「たまに行くならこんなチンコ神社」、略して「たまチン」でございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)
うるおい生活リンリン本舗
みなさまこんにちは。

たまに行くならこんなチンコ神社。

我孫子市

本日お邪魔するのは千葉県にある我孫子市でございます。
我孫子市

千葉県の北西部、茨城県と隣接し、我の孫と子と書いて「あびこ」と読みます。

我孫子市には観光スポットとしても人気の高い「手賀沼」がございます。
手賀沼

手賀沼は柏市・白井市・印西市、そして我孫子市にまたがる湖沼であります。
コイやフナがよく獲れるほか、野鳥もたくさん生息しております。

手賀沼周辺にはカフェやコーヒー店、レストランなどがたくさんあったり、子供が必ず喜ぶミニSLが走る手賀沼公園、カップルでいいムードになること間違いなしのプラネタリウム、大正の風が吹く旧村川別荘などなど。

手賀沼にはたくさんの見所、遊びどころが満載なのでございます。

しかし!
そんな我孫子市を代表する手賀沼も良いですが、ボクは我孫子市の布佐にある喫茶店「リバーサイド」をお勧めいたします。

もしかしたらこの店名を聞いたことがある方もいらっしゃいますかもしれませんが、喫茶店リバーサイドはテレビで紹介されるほどの「デカ盛り店」なのであります。

リバーサイドで提供されているメニューは、通常盛りであれば成人男性ならなんとか間食できる量でございます。しかし、そこへ+100円をして大盛りにすると、その量は凶悪の文字が頭に浮かぶほど。

胃袋に自信がある方はぜひ挑戦してみてください。

そしてそして。
個人的なお話となってしまうので申し訳ないのでありますが、ボクにとっての我孫子は「ホンダオートテラス我孫子店」でございます。

生まれて初めて買った車はオートテラス我孫子店だったのですが、無知なボクにスタッフの方が親切丁寧な対応をしてくださいました。
親切丁寧と言っても、決して粘着的な接客や、押せ押せで売ってくるわけではなく、人見知りのボクでも落ち着いて車選びができました。

そのときに対応してくれるスタッフさんによっても当たり外れはあると思いますが、いいお店でございました。

布佐台観音堂

そんな個人的にはオートテラス我孫子店の町、我孫子市。
その布佐地区に観音堂が鎮座しております。
観音堂

一説によると、過去に「観音院」がこの場にあったようなのですが、それが廃院もしくは移転したのだとか。
なので現在は地図からもお分かりいただけるように、観音堂を含めた3つの御社があるだけとなっているようです。

観音堂への道の目印は「やすらぎの道」を新木駅から布佐駅方面へ進む道中にバス専用回転場がございます。
ここの左手にちょっとした丘へ登れる道がございます。
観音堂への道

ここを進めば観音堂へ到着いたします。

たまに行くならこんなチンコ神社

道なりに坂道を進んでいきます。
車道っぽい雰囲気なので、遠慮なく車で侵入致します。
坂道

坂を上りきるとちょっとした広場に出ます。
元観音院?

丘の下にあるのがバス専用回転場でございます。
この広場がもしかしたら元々観音院があった場所なのでしょうか。
輪留めなどは設置されていないので駐車スペースというわけでもなさそうです。

まぁしかし、とりあえず車はこの広場に駐車させていただきます。

バス回転場とは反対側。写真では左手の方角。
そこに3つの御社がございます。
3つの御社

まずは左の御社から。
稚児大師堂

稚児大師堂。
片側の扉が開いていて、中になにやら奉納されております。
もしかしたらここに男根が奉納されているかもしれません。調査せねば!!

そろりそろりと近づいくと・・・
奉納物

「!?」

奉納されたリカちゃん人形

「こ、こ、こ、怖っ!!」

恐怖のあまり写真がぶれてしまうのであります。

この2体だけでなく、扉が閉じられている左の戸の方には・・・
箱入り娘リカちゃん

古めかしいグラスと、箱入り娘でございます。
廃墟にあるような雰囲気が漂い、夜に訪れていたらチビッてしまったことでしょう。

どうやらこの箱入り娘は、タカラトミーさんの代表製品「リカちゃん」シリーズの「LD-02 いちごハートワンピース」のようであります。
この商品の発売日は2012年7月21日なので、どうやらそれ以降にここに住み着いているようなのでございます。

恐怖の稚児大師堂の次は、真ん中の御社でございます。
観音堂

観音堂。
う~ん。
特にこれといった特徴がなく、極ありふれたオーソドックスな御社でございます。
戸も完全に閉ざされております。

先ほどの恐怖の御社の後なので、イマイチ面白味に欠ける印象であります。

石神堂の男根

さて。残ったのは右にある御社。
この御社は他の2つとは違い、2つの御堂で構成されております。
右社

左側が「大師堂」。そして右側が「石神堂」。

左側の大師堂には何やらツルツルの頭をした人が住んでおります。
大師堂というくらいなので、きっととても偉い人なのでしょう。

そして右半分の石神堂。
なにやら戸にすりガラスが・・・

これは何やら怪しい香りがいたします。
まるで・・・人には見られてはいけない何かがあるような・・・

意を決し、すりガラスから中を覗くと・・・!
石神大権現

おそらく「石神大権現」と彫られているであろう石が。

そしてその左右には・・・!!
男根

男根

細長いタイプの男根がいくつも奉納してあるのであります。

すりガラス越しからの撮影なので少し見難いかも知れません。

こちらが男根のアップ画像でございます。
男根

明らかに、そして確実にこれは男根なのでございます。

それにしても石神堂に奉納されている男根はどれも長くて細いタイプですね。
ここら辺の地域に住んでいる方たちはこういった男根の方が多いのでしょうか?

長い陰茎には憧れますが、長くて細い男根はイヤですね。
女性が痛がりそうなのであります。

ちなみに。

布佐台観音堂の敷地内には布佐台自治会集会所があり、市の行事などで使用されているようです。
参拝する日が集会の日と重なってしまうと、非常に厄介なことになるかもしれませんね。

厄介と言っても、地元の方々に「なんだこの祖チン野郎は」という目で見られるだけでございますが。

たまに行くならこんなチンコ神社。

普段はほとんど人が来ない無人の観音堂。
ここでひっそりとサイズアップ祈願をしてみてはいかがでしょうか。

アクセス方法

JR成田線「新木駅」から徒歩10分


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.