あわしま・こんせいまぐわい祭り

あわしま・こんせいまぐわい祭り

日時:毎年7月の第3土曜日(第2の場合も有)
場所:岩手県盛岡市内丸1-37(盛岡城跡公園)

神社:もりおかかいうん神社(淡島明神社)
場所:岩手県盛岡市北山2丁目12-12

神社:智和伎神社(金精神社)
場所:盛岡市東中野字金勢1-1

このサイトはペニスサイズアップ効果が期待されているシトルリンを実体験し、その結果を掲載しているサイトでございます。

最近になってようやくtwitterを始めました。
だいぶ時代に取り残されている感が否めませんが、よろしければフォローお願いいたします。
twitterでは当サイトの更新情報や過去の記事などをご紹介しております。
シトルリンXLの嘘と本当更新情報(@Citrulline__XL)

うるおい生活リンリン本舗

みなさまこんにちは。

本日はおそらく国内では21世紀最初に誕生したと思われる性なるお祭のご紹介でございます。
もしかすると国内のみならず、全世界をもってしても21世紀最初の誕生かもしれません。

■麺類が美味しい

今回ご紹介するペニスサイズアップ祭りは岩手県は盛岡市で行われている奇祭、「あわしま・こんせいまぐわい祭り」でございます。

盛岡市

盛岡と言えばボクが一番に思い浮かべるのが「冷麺」でございます。
「麺がゴムのようだ」と賛否が分かれる料理ではありますが、ボクとしては「冷やし中華の辛いやつ」といった認識で好きですし、以前岩手へ行ったときも唯一食べた岩手での食事は冷麺でございました。

他にも冷麺と同じくらい有名な「わんこそば」なんていうのもございます。
わんこそばをあえてじっくり味わって食べる・・・なんてこともいつかしてみたいとひそかに思っております。よく噛まないと体に悪いですからね。

そんな盛岡市に流れている中津川の河川敷で、2001年に誕生したお祭が「あわしま・こんせいまぐわい祭り」でございます。

■2001年つまり21世紀最初の年

これまでに数々のチンコサイズアップ祭りをご紹介してきましたが、そのほとんどに深い歴史があり、中には何百年も前から継承され、無形文化遺産に登録されているものも多々あります。

性祭は主に昔の時代に作物が豊かに育つことを祈ったり、子孫が繁栄することを願ったりする「五穀豊穣」や「夫婦和合」などの想いを込めて行われた感があり、農家が減りさらには少子化傾向の現代では、新たに性祭が誕生することなどあるわけがない・・・はずでした。

作物も子供も減少傾向のこんな世の中で、「子孫繁栄・家内安全・五穀豊穣」これらを祈願するお祭が、21世紀になったばかりの2001年7月に岩手県盛岡市で誕生いたしました。
こういった祈願のためのお祭を新たに始めるといった試み自体がとても稀でありますし、さらに2001年7月は21世紀が始まってからわずか7ヶ月目の月でございます。

これはおそらく国内では21世紀になって初めて誕生した性祭でしょうし、下手をすれば世界的に見てもこのお祭が最初の可能性がございます。

そのお祭の名は「あわしま・こんせいまぐわい祭り」。

もう「まぐわい」という言葉だけでエロさがにじみ出てきております。

「あわしま・こんせい祭り」「淡島・金勢祭り」や「盛岡まぐわい祭り」といった呼び方もされていて、いったいどれが正式名称なのかいまいちよくわかりませんが、盛岡のエロそうなお祭といえばこのお祭とみて間違いないでしょう。

■あわしま・こんせいまぐわい祭りとは

ちょっと長いタイトルのお祭でございますが、それぞれの単語に意味がございます。

まず「あわしま」。
「あわしま」は淡島と書き、盛岡市の北山に鎮座する「もりおかかいうん神社」の境内にある「淡島明神社」のことでございます。

淡島明神社は医薬・農薬・温泉・酒醸の神様である「少彦名(スクナビコナ)」と「大己貴命(おおなむちのみこと)」、そして婦人病や安産・子授かりに霊験がある「息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)」が祀られていて、特に息長足姫命の霊験がある神社とされています。

次に「こんせい」。
これはもうお気づきの方も多いかと思われますが、漢字では「金勢」と書き、ちんこ祭りではよく目にする単語でございます。
意味としては男根の形をしたご神体のことを主に指しています。こちらは盛岡市は東中野字金精に鎮座する智和伎神社。この神社内に非公開ではございますが鉄製の男根ご神体があることにより、この神社は「金勢神社」や「金勢大明神」と呼ばれています。

そして「まぐわい」。
漢字では「目合ひ」と書き、字の通り目と目で見つめあい愛を通じ合わせることのほかに、男女の性交渉の意味がございます。

つまり「あわしま・こんせいまぐわい祭り」とは・・・
あわしま=女神
こんせい=男神
まぐわい=濡れ事

そうです、男女の性を描いたお祭なのでございます!!

■お祭概要

お祭は基本的には毎年7月の第3土曜日に開催されますが、過去には第2土曜日に開催されたこともあります。
場所も最近までは中津川の河川敷で行われていましたが、2014年は盛岡城跡公園で行われました。

まだ歴史の浅いお祭なので、今後もちょっとした変更があるかもしれません。

お祭はお昼過ぎから夜まで開催されますが、なんといってもメインはやはり夕方頃から行われる「まぐわいの儀」でございます。

淡島明神社の化身「あわしま様」と、智和伎神社の化身「こんせい様」を藁でかたどりそれを神輿に致します。
あわしま様は女神であり女陰を模っていますので、その神輿は女性だけで担ぎます。
まぐわいの儀

そしてこんせい様は男神であり、男根を模っていますのでもちろん男性のみで担ぎます。
まぐわいの儀

そしてこの二つのお神輿が「まぐわいの儀」によって、なんどもなんども愛を確かめ合うように神輿のご神体同士が出たり入ったりのピストン運動!!

もうこれは大興奮間違いなしでございますっ!!

合法的公然わいせつ活動とでも言いましょうか。
かなり大胆かつ卑猥なお祭でございます。

アクセス方法

JR盛岡駅よりバス乗車、「中央通一丁目」で下車、徒歩5分


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

関連記事

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.