うるおい生活リンリン本舗

シトルリンはペニスを増大させる効果がある

これは疑いようのない事実です。

しかし間違っていけないのは、

「全てのシトルリンサプリメントがペニスを増大させる効果があるとは限らない」

ということです。

某製薬会社でサプリメント開発研究員をしていたからこそ言えるシトルリンのペニス(ちんこ、陰茎)増大効果についての正しい情報と、損をしないためのサプリメント選びについてがメインのサイトでございます。

ペニスを大きくする3つの方法

現在の世の中においてペニスを大きく成長させる方法は3つしかありません。

1.主に二十歳までにおける体の成長
2.外科手術などの外的要因
3.シトルリンなどによる内的要因

1番の体の成長は全ての方が経験している成長期とよばれるものです。

この成長期に自分の希望よりも大きくならなかったことが、ボク達のペニスへのコンプレックスの根源となっています。

よほどの例外がない限り、体の成長は20歳で成長が止まってしまいます。
しかもこの20歳というのは世界的な基準であって、ぼくら日本人でいうと14~17歳で成長が止まることが多くなります。

これは世界トップ3に入るほど成長終了が早いのでございます。

世界的に見て日本人の身長が低いのはこれが一つの要因となっていることは間違いありません。

同じく、身長だけでなくペニスの大きさ・長さが世界平均よりも小さいのはこのためと考えられます。

小さいペニスを持ったボクたちが、その小ささを克服するためにとれる行動は2つしかありません。

それが2番目の外的要因と、3番目の内的要因です。

外的要因とは手術やペニスのエクササイズです。
手術では金銭的や身体的に大きなリスクを負いますが、リターンの可能性も非常に高いハイリスク・ハイリターンの選択です。

エクササイズは自分でできる一番簡単な外科手術と言えるかもしれません。
ペニスを引っ張る簡単で地道な作業ですが、やりすぎたりすると怪我をする恐れもあります。

詳細:サプリメント以外でのサイズアップ方法

そして内的要因は、化学物質による体の内側から成長を促す方法です。
ペニスのサイズを大きくする物質として近年注目を浴び、ボクが会社で7年もの間研究していたのがシトルリンです。

ペニスサイズアップの理論

まず一番最初に知るべきなのがペニスをサイズアップするための正しい理論です。
サイズアップの理論はとても単純なのですが、その反面これを正しく理解していないとペニスがサイズアップすることは絶対にありえません。

だからこそ正しい理論を知ることが一番最初に必要になるのでございます。

ペニスが成長するのに必要な要素はたったの2つ。

嘘ばかりのペニスサイズアップ論」で長々と語っていますが、要約すると次の2行となります。

「男性ホルモンの分泌量を増やす」

「海綿体に流れる血液量を増やし、血管を太くする」

たったこの2つを押さえるだけでペニスは大きく成長することができるのであります。
むしろこれ以外でペニスをサイズアップする方法はありえません。

男性ホルモンを増やすには

男性ホルモンを体内に取り入れる方法は3つあります。

1.塗り・貼り系
2.注射
3.飲み系

1.塗り・貼り系

塗り薬や貼り薬での男性ホルモン摂取は、皮膚に男性ホルモンを接触させることによって、皮膚の下の血管から血液を通してホルモンを摂取する、経皮摂取と呼ばれる方法です。

経費摂取はホルモンの吸収率が悪いので費用が高くなる傾向がありますが、肌との相性が良ければ副作用が少なく済みます。

2.注射

注射での摂取は、血液に直接ホルモンを送り込む方法なので、すべての方法の中で一番効率がよいです。
しかし、医師の管理下でしか行えないので、個人が簡単に行える方法ではありません。

3.飲み系

一番簡単な方法が飲み系。つまり薬やサプリメントで男性ホルモンを摂取する方法です。

しかし手軽さとは裏腹に、非常に吸収率が悪いというデメリットがあります。
男性ホルモンの代表格であるテストステロンの場合、ほぼ100%が肝臓で分解されてしまうのでその効果を感じることなく無駄に終わってしまいます。

さらに悪いことに、この事実を知らない方は効果を得るために次々と摂取をし、肝機能障害を起こしてしまいます。

そして男性ホルモン摂取で注意しなければならないのは、肝機能障害だけではありません。

男性ホルモンは過剰に摂取すると前立腺肥大症・前立腺ガンのリスクが上がるうえ、余分な男性ホルモンは女性ホルモンへと変化してしまう特徴があり、精巣や精液に悪影響がでます。

さらに普段体内で作られている男性ホルモンがあるのですが、男性ホルモンを継続摂取していると、体が勝手に「あ、男性ホルモン作らなくてもいいんだ」と判断してしまい、体内で作られる男性ホルモンが減少してしまいます。

つまり男性ホルモンを直接摂取するのは医師の管理の下でない限りかなりのリスクを伴う方法となります。

では、医師との相談を必要とせず、安全に男性ホルモンを増加させるにはどんな方法があるのか。

それは男性ホルモンを直接摂取するのではなく、体内で作られる男性ホルモンを増加させることにあります。

体内で作られる男性ホルモンを増加させるとはつまり、体内の男性ホルモンの生成量を増加させることであり、それには以下のことが重要になってきます。

適度なコレステロール

コレステロールはホルモンの原料になっているので、コレステロールが極端に少ないとホルモン生成を阻害してしまいます。

亜鉛

亜鉛は男性ホルモン分泌の活性化には絶対に欠かすことのできません。
不足すると男性ホルモンの働きが弱まるので性欲が減ったりインポになったりしてしまいます。

ビタミンD

ビタミンDと男性ホルモンが関係しているという研究結果があり、ビタミンDが不足すると男性ホルモンが少なくなります。
だからといってビタミンDを過度にとっても男性ホルモンは増加しません。適度な量が重要ということになります。

運動・筋トレ

筋肉に刺激を与えると男性ホルモンの値が高くなります。
しかし激しい運動は逆効果になるので要注意。

睡眠

睡眠不足の人は男性ホルモンの値が低いという研究結果があるので、睡眠をしっかりとることで男性ホルモンの減少を抑えることができます。

これらの方法で安全かつ自然な方法で男性ホルモンの分泌を活性化することができます。

なので男性ホルモンを増やしたいのであれば男性ホルモンを直接摂取する危険な方法ではなく、健康的な生活をすることに加え、男性ホルモンの分泌を促すサプリメントを摂取することが一番の近道であり唯一の安全な方法と言えます。

血管を太くするには

ペニスを大きくするために必要なもう一つの要素が血管の拡張です。

なぜ血管拡張することでペニスが大きくなるのかと言うと、それはペニスの構造がポイントとなります。

ペニスはそのほとんどが海綿体と言われる組織で構成されていて、勃起時のペニスの長さ・太さを決定付けるのはこの海綿体になります。

つまり海綿体が長くそして太くなれば勃起時のペニスは増大することになります。

ではこのペニスのサイズに直結する超重要組織の海綿体とは何なのでしょうか。

海綿体は細い静脈がスポンジ状に集まった組織で、筋肉でもなければ脂肪でもありません。

血管の集合体なので、血管が太くなればそれに比例してペニスも大きくなりまし、スポンジ状になっている部分に溜まる血液量が増えればその分ペニスが大きくなります。

つまりペニスを大きくするためには
「血管の太さを向上させることと、血管に流れる血流量を上げること」
にあります。

意外と単純なことなのです。

血管が太くなればその分血管に流れる血液の量も多くなるので、ペニス増大のためにやるべきことは血管を太くすることになります。

ではどうすれば血管が太くなるのか。

答えは血管を若返らせることです。

よほど健康的な生活をしている人でない限り、血管は硬くなってしまっていたり、脂がたまっている老化状態にあります。

血管が老化した状態では、ペニスだけでなく手足の先の抹消血管に本来届くはずの血液量が行き届かず、血液の省エネ状態で生活していることになります。

筋肉や脳は、使わないとどんどん衰えてきます。

血管も同じで、日々省エネ状態で活動することによって、血管が細く衰えていきます。

つまり血管は使わないとどんどん衰え細くなり老化しますし、柔軟性を失っていき切れてしまいやすい状態になっていきます。

すなわち血管を若返らせるにはその逆の行為、つまり血管が使われる生活をすればよいということになります。

血管を若返らせるためにすぐできることは、まずは運動です。
運動することによって血行が促進されますので、普段はあまり使われていなかった老化した血管に血液がたくさん流れるので、血管の若返りに繋がります。

特に有酸素運動が血管の若返りに大切です。

筋トレも有効ですが、有酸素運動せずに過度の筋トレをすると血管は老化するので注意が必要です。

もうひとつはお風呂です。

体内では一酸化窒素(NO)が作られているのですが、このNOが血管を拡張させ、しなやかにしてくれる効果があります。

体内で作られるNOの量を増やすことができれば血管が若返ることになります。

NOの分泌を促進するには60℃のサウナに15分入ることが効果的ということがわかっています。
家庭で行うには40~41℃のお風呂に10分間、肩までしっかり浸かるとNOの分泌が促進されます。

肩まで浸かると心臓が圧迫されて苦しくなってしまう人もいるので注意してください。

運動とお風呂。
これを長期的に続けることで確実に血管年齢は若返ります。

ですが、湯船に浸かる時間がなかったり運動するのが億劫だったりして、そう簡単に改善できることではありません。

そこで登場するのがシトルリンです。

シトルリンは体内で一酸化窒素(NO)を生成する作用がありますので、血管を若返らせることができます。

さらに、運動する場合もシトルリンサプリメントを摂取してから運動することによって、運動の質を上げることができます。

詳細:シトルリンの運動能力への効果

シトルリンはペニスを確実に大きくできる

シトルリンはヨーロッパでは血管拡張させるための医薬品として使用されている物質です。

シトルリンがどのように血管を拡張させるのかは「シトルリンが体に与える影響」で詳しく書いていますのでお暇であれば読んでみてください。

そんな読む暇がない方のために要約いたしますと、「シトルリンが体内で一酸化窒素を発生させ、そのおかげで血管が拡張する」ということでございます。

つまり、血管を拡張することで勃起時のペニスのサイズは増大するので、血管を拡張する作用があるシトルリンを摂取することによってペニスのサイズアップが可能になるのでございます。

おすすめできるサプリメント

ペニスを大きくするにはシトルリンの力が不可欠となるのですが、体を変化させるほどのシトルリンを食品から摂取するのは無理です。

そこでシトルリンを効率的に摂取するのに最も適しているのがサプリメントになります。

しかしひとえにサプリメントと言っても、シトルリンだけ入っているサプリメントを選んでもダメです。

前述の通りペニスを大きくするためには血管拡張作用のシトルリンだけでなく、男性ホルモン分泌を促進する成分も重要となります。

こうなるとサプリメント選びが急に難しくなります。

特に最近のサプリメントはたくさんの種類の成分を入れることがトレンドとなっているので、一体何がいいのか、何が本当に効果があるのか、何を基準に選べばいいのか、混乱と混沌の渦でございます。

しかもほとんどのサプリメントは無駄な成分を無駄に詰め込んだ無駄の塊と言っても過言ではありません。

ペニスのサイズアップとはなんら関係のない成分を多数配合することによって、「有効成分を100種類以上配合!」と謳い、いかにもすごいサプリ感を出し、何も知らない消費者をだますだけでなく、いっぱい成分を入れているのだから価格を上げていいだろ!という感覚で商品価格を高めに設定しています。

サイズアップにまったく関係ない成分を入れられて、その成分分高く買わされる

サイズアップ以外の効能に期待するのであれば良い商品と言えるのですが、サイズアップが目的の方にとってはとんでもない悪徳商法です。

このようなサプリメントに騙されないためにも、品質が良く信頼できるサプリメントをサプリメント開発をしていた人間の観点からご紹介します。

他のどんなサプリメントよりも一番おすすめできるのは「シトルリンXL」です。
ボクが会社で増大系サプリメント開発をしたいと思ったきっかけとなったサプリであり、実際に自分の体で試した物でもあります。

オススメできる根拠は、シトルリンXLを構成している成分の組み合わせと、成分一つ一つの純度。
そしてボク自身が2011年にシトルリンXL、2015年の夏に新シトルリンXL(GreedシトルリンXL)を使用しましたが、どちらのシトルリンXLも当時の日記に記した通り、一定の結果を得ることができたということにあります。
参照:シトルリンXL体験記

国内外を問わず数々のサプリメントを研究の参考品として調査してきましたが、この値段でこのクオリティはかなりの企業努力を感じざるを得ませんでした。

シトルリンXL以外のサプリメントとなりますと、なかなか選択が難しいのですが・・・
ラボで数多くの他社製品を取り寄せ研究した結果や体験者の声から判断すると、「シトルリンDX」と「Atomix」が候補にあがります。

シトルリンXL

シトルリンXL
一番おすすめできるサプリメントはシトルリンXLです。

血管系

■血管拡張作用のあるよりL-シトルリンの配合量がリニューアルにより33%アップ

■安全性の高いバイアグラと呼ばれるクラチャイダムが勃起力のサポートだけでなく、抹消血管を正常にし、血管拡張と血流改善効果をもたらしてくれる。

■摂取効率の良いL-オルニチンを配合することにより、アルギニンを直接摂取するよりも効率よく体内でアルギニンを生成できる

男性ホルモン系

■マカ・亜鉛の配合により、ホルモンバランスの乱れを整えながら男性ホルモンの分泌を促進できる

その他

■精力サプリメントはどうしてもアルギニンに頼りがちになるが、サプリメントで摂るアルギニンは吸収率が非常に悪いため、大変非効率になる。
そこで体内でアルギニンに変化することができるオルニチンを配合することによって、アルギニを配合するよりも吸収効率を上げていて、無駄のない成分構成になっている。

■広告の胡散臭さが際立つ。

■なんといってもボクが実際に飲んで結果がでた実績がある。

シトルリンXL最安値・正規品ページをみる
シトルリンXL詳細をみる
購入する前に絶対に注意すべきこと

シトルリンDX

シトルリンDX
勃起不全の改善のために作られたサプリメントのはずが、なぜかサイズアップの報告が多数上がっているシトルリンDX。

配合成分は全15種類に絞り、ペニスに関係ない余計な物を入れない代わりに金額を低く抑えています。

血管系

■L-シトルリンを国内最高水準である900mg配合。

■L-アルギニン、トンカットアリをはじめ、10成分が血管・血流に影響する構成。

男性ホルモン系

■トカイバ(タツノオトシゴ)、ソフォン、トンカットアリの3成分が男性ホルモンの分泌を促進。

その他

■全額返金保障があり、お試し感覚で購入することが可能。

■大手の通販サイトにて高評価を獲得。

■構成成分15種類の8割が増大に関する成分となっていて、勃起不全だけでなく増大したという報告が多いのにもうなずける。

■一日330円の低コストも魅力的。

シトルリンDX最安値・正規品ページはこちら

シトルリンDX詳細をページはこちら

Atomix-アトミックス-

アトミックス
当サイトに届くお便りの中で使用者の報告が多いサプリメントの一つ。

血管系

■L-シトルリンとLアルギニンが配合され、血管拡張作用をより一層のものとしている。

■さらにマムシ、オットセイ骨格筋、馬睾丸、イチョウ、ガラナ、高麗人参が血流改善、血管拡張作用を補っている。

男性ホルモン系

■トンカットアリ、亜鉛、ブラックジンジャーが男性ホルモンの活性化と分泌促進を行う。

その他

■アミノ酸やミネラルが豊富なトナカイ角・サソリ・コブラ・アリ、アンチエイジング効果のあるセレンまで入っているのでサイズアップだけでなく体調改善も狙える。

■逆にアミノ酸やミネラルなどサイズアップとは直接関係ない成分が豊富なので、それが必要ない人にとっては無駄な成分と言えます。

■当サイトに届く便りの中でアトミックスによってサイズアップしたという報告は約6割。

アトミックス最安値・正規品ページはこちら

アトミックス詳細をページはこちら


3つのサプリメントをご紹介いたしましたが、個人差はありますが多くの場合はシトルリンXLである程度以上の結果は得られると思います。

シトルリンDX、アトミックスに関してはシトルリンXLで納得できなかった場合の保険として考えておくのがいいかと思います。


新シトルリンXL 3袋セット(計90日分)+初回注文限定オマケ(新シトルリンXL 1袋)/送料無料/局留可/秘密厳守【うるおい生活リンリン本舗】

Copyright© 製薬会社社員が明かす ペニス増大とシトルリンの関係 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.